スキンケアに取り入れる

悩みのある女性

エイジングケアは美容液から

30代からぜひスキンケアに取り入れたいのがエイジングケア美容液です。お肌の曲がり角を過ぎてしまった30代は、目元の小じわや毛穴の開きなど、エイジングサインが見え隠れする年代でもあります。肌質も徐々に乾燥しやすくなってくるため、化粧品も肌質や肌の悩みに合わせて変えていく必要があります。20代まではスペシャルケアという位置付けだった美容液も、肌にたっぷりと栄養を与えて肌の機能を高める、重要なスキンケアアイテムになります。まずはエイジングケア美容液をスキンケアに取り入れて、シミやたるみ、しわなどの肌老化に負けない肌を作るケアをしていきましょう。美白用やしわ用など、肌の悩みに特化したタイプもたくさんありますので、肌に合ったものを選ぶのが大切です。

ビタミンC誘導体の優れた効果

美肌や美白に良いことで知られていて、たくさんの化粧品に配合されているのがビタミンC誘導体です。化粧水から美容液、クリームなど、あらゆる基礎化粧品に含まれていて、多機能な働きをしてくれます。美白効果としては、シミの元であるメラニンの生成を抑えて、シミ予防に役立ちます。また、コラーゲン生成を高める働きがあるため、しわやたるみ改善にも役立ちます。シミやしわ、たるみは年齢肌の悩みでも多いものなので、エイジングケア美容液には、ビタミンC誘導体配合のものが良いでしょう。また、年齢肌というと避けて通れないのが肌の酸化です。加齢によって増えてしまった活性酸素は、コラーゲンなどの細胞やDNAを傷つけてしまって、ダメージを与えてしまいます。ビタミンC誘導体は活性酸素を封じる力を持っているので、肌の酸化を防いで老化を防止するためにも、エイジングケア美容液として取り入れたい成分です。

このエントリーをはてなブックマークに追加